帰国生の、帰国生による、帰国生のための中学受験

我が家の中学受験へのチャレンジを通じた気づきなど書いていきます

次女(小2)学習状況(2022年1月時点)

 久しぶりに次女の学習状況について更新したいと思います。

 小2の次女、今年の抱負は「優しくなる」ことだそうですが、新年早々、長女と口論しています(苦笑)。学習はもちろん、心を育てていくことにも力を入れないとです(^_^;)

 

算数(やっぱり最レベは難しい!)

ルーティンの学習

 最近のルーティンの学習は、「かみのドリル」の割り算練習(3~4桁を2桁で割る)マスター1095題(3年)Z会をそれぞれ少しずつ取り組むというものです。

 かみのドリル、マスター問題集は日々の計算練習として取り組んでいて、次女は粛々と解いています。かみのドリルは時々計算間違えもしますが、マスター問題集の方はほぼ間違えません☆

 かみのドリルはとにかく計算練習の数をこなすのに便利です。何と言ってもウェブサイトからプリントアウトできるので、問題集をコピー機に苦労して押し付けてきれいにコピー取る手間がないですし、プリントなので旅行とかの際にも持ち運びしやすいので重宝します。

 また、マスターはそれぞれの学年の基礎的な内容が身についているかをチェックするのに役立っています。ただし、掛け算、割り算の虫食い算については、Z会でもそこまでカリキュラムが進んでいないですし、本人にまだしっかり教えていないこともあって、適宜飛ばしながら解かせています

 Z会については、12月が計算の工夫や掛け算の続き(3つの数の掛け算など)、1月が長さや大きな数という内容です。単位換算は長女がいまだに結構苦手にしており、次女が同じくつまづくのか気にしていますが、今の所大丈夫そうです。

異次元?の最レベ

 そして最レベ。いよいよ最高レベルや総合実力テストなども解くようにしていますが、かなり難易度が高めです。まず文章をよく読んで図を描くようにしないと状況を理解するのが難しいですし、単に文章に出てきている数字を使うだけでは答えが出ないような問題も出てきます。

 特に次女が苦手そうなのが、順番と人の数の関係です。前から10番目の場合、前に並んでいるのは10人ではなく、9人になります。順番についても、前から数えるのと後ろから数えるものが混在していたり、他の人に抜きつ抜かれつされたりするような複雑な状況設定と、順番と人の数問題がミックスされたりするので、混乱しています。

 ていうか、私も一回読んだだけではうまく整理できません(T_T)こうした問題をスラスラ解くことができる子どもたちがいるのは驚きです。

 

国語(新たな漢字教材にトライ)

 国語については、Z会に加えて、新たに3年生の漢字学習について新教材にトライしてみることにしました。

 Z会については、12月が擬音語などの音や様子を表すことばや2021年のニュース1月が慣用句という内容です。慣用句については、最近長女用に買っているちびまる子ちゃんの学習シリーズを次女が読んでいるので、意外とすんなり行けるかもしれません。

 新しく買ったのは、「となえてかく漢字練習ノート(3年生)」です。名前の通り、書き順を自分で口に出しながら書けるように「となえかた」が書かれています。

 例えば、「幸」という漢字については、

①よこたてよこで

②ソをかいて

③したをみじかくよこ2本

④そしてさいごにたておろす

というようになっています。

 唱え方とあわせて、漢字の成り立ちがイラストで書かれているのと、例文が載っているので、色々な知識を結びつけて、目や口、手を使うことで漢字を覚えるようにしていこうという方針で作られていて、覚えやすいかどうか試してみようと思った次第です。

となえて書く漢字練習ノート

 

脱走傾向はいまだ改善せず

 とまあこのような感じで取り組んでいますが、少し課題が終わったら休憩、と言ってすぐに机から脱走する傾向はまだまだ続いています。。

 最近の次女の作戦は、「あと何分経ったら教えて!」と言ってこちらが時間を言い忘れるのを待つ作戦です。家事をしながらだとついつい言われた時間を過ぎてしまい、「もう○○分経ってるよ!」と言うと「ママが言わなかったら気づかなかった!」とこちらの落ち度に持っていこうとするやつです。

 対抗措置としてタイマーを設定し、気づかなかったではすまさない措置を導入しましたが、また新たな作戦を実行してきそう(^_^;)

 

\更新のはげみになりますので、よろしければクリックいただいて応援よろしくお願いいたします/ にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村