帰国生の、帰国生による、帰国生のための中学受験

我が家の中学受験へのチャレンジを通じた気づきなど書いていきます

(インターナショナルスクール)クラスママの集まりに顔を出してみた

 日本人のママだったり、子供が遊ぶついでに外国人のママと1対1で話すことなどはこれまでもあったのですが、複数の集まりにはこれまで参加したことがありませんでした。今回はそんな集まりに勇気を出して参加してみたお話です。

 

クラス代表の発案

 我が家の通う学校には、日本のPTA的な組織があって、各クラスにもクラス代表を務める保護者がいます。

 ちなみに、このクラス代表ですが、娘たちがインターナショナルスクールに入って以来、毎年立候補で決まるので、「誰かやってもらえますか?」「し〜ん・・・」みたいな状況になったことはこれまでありません

 日本だと、どうしてもできない事情がある方を除いてみんな一度は何かしらの役をやる必要がある、みたいな暗黙のプレッシャーの中で、負担少なめの役割に早めに立候補したり、とりあえず最後まで静かに様子を見てみたり、色々な経験をしてきましたが、国によって随分違うのかもしれません。

 まあ、働き方の違いだったり、こうした活動への理解が世の中にあったりといった事情の違いもかなりあるのだと思います。

 ・・・話がそれてしまいました。次女のクラス代表の方の発案で、新しく学校に入ってきたお子さんも複数いるし、学校で保護者が集まるのはまだ難しいので、同じクラスの子どもたちで、土曜日に公園に集まろうということになりました。

 

初参加への道

 こういった機会は、大体毎年学年のはじめころに1回位はあります。もちろんクラスによってかなり温度差があって、クラス代表から声掛けがあっても全然みんなから反応がない・・・といったクラスもあるようです。

 私ですが、実はこれまで、こういう機会にはなるべく参加しないようにしていました。まだ次女もそんなに話せるわけではないし、とか言ってたのですが、何より私がママさんたちの(もちろん英語の)会話に入っていく自信がまったくなかったというのも大きかったです。

 しかしもう3年目に入って次女も問題なく英語でコミュニケーションできるし、参加しないのは可哀そうかなあ、という気持ちもあり、結構悩んでいました。

 そうすると、当日朝、去年も次女とクラスが一緒で仲の良い友達のお父さんから、「うちの娘が次女に来てほしいといっているのだけど、今日は来る?」とメッセージが(もちろん英語)。。

 実はこのご家庭は、ママさんが日本人の方なのです。とはいえ、私のように英語話せないということはまったくなく、むしろバリバリ国際的に働くキャリアウーマンの方。。でも「このママさんが来てくれるならなんとかなるかも!」ということで、正直に、「英語に自信がないので、奥様は来ますか?」とお父さんに聞いてみたところ、ママさんから直接、「私も行くのでお話しましょう!」と連絡が。

 

当日の様子

 なにはともあれ、次女を連れて公園に向かうことにしました。大体クラスの半分ちょっとの子どもたちが集まっていて、次女もみんなと仲良く遊び始めたので一安心。

 さて、次は私の番です。日本人のママさんはちょっと遅れて来られたので、それまではママさんの輪の中に入ったものの、完全に座っているだけ状態。。それでも気を使ってくれて話しかけてくれたりはしますが、やっぱり皆さんの会話の中に入っていくにはリスニング・スピーキング能力が足りません。。

 そうこうしているうちに日本人のママさんが到着。もう救世主のように見えました!その方が入ってからは、みんなの会話を適宜解説してくれたり、私にも話を振ってくれたりして、すごく気が楽になりました。というか、それがなかったら途中で帰っていたかも。。

 さて、そんな感じでママ同士で話をしていたのですが、ふと気づくと、2人のママさんが、子供を交えてなにか話し込んでいました。

 私の理解したところだと、「うちの息子はフランス語を話せるようになってほしいから、○○ちゃん(フランス語がペラペラの子)よかったらぜひうちに来てディナーでも一緒に食べましょうよ!」みたいな話をしていました。

 そういうの(フランス語で話してほしいから仲良くしよう)って心で思っても直接には言わないものだと思っていました。大人になって外国語練習したいからならまだ分かりますが、子供の頃からそんなもんなんですかねえ。言われた方も「えっ?フランス語目当て!?」とか思わないんでしょうか^^;

 海外ではどんどんぶっちゃける感じなんですかねー。でも「日本語を話したいから遊んでね!」っていう需要は限りなく低そうだなー。。。

 

\更新のはげみになりますので、よろしければクリックして応援よろしくお願いいたします/ にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村