帰国生の、帰国生による、帰国生のための中学受験

我が家の中学受験へのチャレンジを通じた気づきなど書いていきます

中学受験の比は帰国生にも天敵

 皆さん、「比」で苦しんでいませんか?我が家もまさに「ヒーヒー(T_T)」言っている状況です^^;

 家庭教師の先生にどう教えていただいたかなども含め、お話したいと思います。

 

Z会中学受験コースでの比の扱い

 Z会中学受験コースでは、5年生の4月号から「割合」、そして5月号から「比」が出てきます。さらに、その後も相似比・面積比・体積比(8月号)速さと比(9月号)など、色々な分野で比を扱う単元が毎月のように出てきます。

 大手中学受験塾では秋頃から比を扱うことが増えると言いますが、Z会はだいぶ早いように思います。

 

長女の反応

 割合については、百分率は10%オフとか生活でも使うことがあるので聞いたことはあるという感じです。しかし、歩合(何割何分何厘)なんてまず聞かないですよね。夫は野球の打率で使うと言ってますが、インドア派の長女には全くピンときていません

 まあそれでもなんとか%と言い方が違うだけだから、という感じでやっていましたが、比については完全に「ポカーン・・・?」状態。そりゃそうですよね、見たことない記号(○:○)使われても・・・っていう感じなのでしょう、、

 試しに学校で「比」を習ったか聞いてみましたが、もちろん学校では比は習ったことがないそうです。学校(インター)の算数は今何をやっているのか聞いてみたら、大きな数とか、およその数、みたいなことをやっているそうです。

 いや、それ中学受験コースの3年生でやったやつじゃん。。(ちなみに、学校では分数や小数の計算なども習ってはいますが、Z会レベルの問題を解くにはとても足りません。)

 

先生、出番です

 ということで、比の説明については、「餅は餅屋」ということで、「まなぶてらす」でお願いしている家庭教師の先生に全面的におまかせしました(笑)。先生は、「比は大きさを比べるもので、(例えば4:3だったら)全部で7個に分けたものを4つと3つに均等に分けているということ」という教え方をしていました。

 先生の説明を聞いて、まあ少しは分かったのかな?というレベルにはなったようです。これを夫が教えていたら、また一悶着あったと思います

 こういう新しい概念を子供に説明するのって、素人には本当に大変ですorz。ついつい感情的になってしまい余計な時間と労力を取られてしまいますし・・・

 その点、家庭教師だと、個別に見てもらえるので何が分かっていないのか、説明を聞いて本当に分かったのかなど本人の理解度に合わせて説明してくれるのが助かります。特に比のような習ったことがないような単元では、一度映像の説明を聞いたり教材を読んだだけで理解するのは至難の業ですので、通信教育と家庭教師の組み合わせというのは結構相性がいいと思います。が、もちろん本人の負担は大きくなるのと、家庭教師の先生のレッスンコマ数分の費用はかかってしまいますので、夏休みなど余裕がある場合を除いてあまり詰め込みすぎないように気をつけています。

 

9月号は旅人算

 9月号は旅人算でした。これまでの特殊算(○○算)は、1回分の学習量(例題と練習問題で、1ヶ月に8回分の学習と2回分の復習&添削、計算ドリルがあります)で1つの特殊算を扱うことが多かったのですが、9月号は、速さの説明から始まって1ヶ月まるまる速さ・旅人算の月でした。どれだけ奥が深いんだ、旅人算。

 2人が同じ方向に進む、逆の方向に進むなどのパターンはまだしも、「忘れ物に気づいたので、急いで家に戻って自転車で向かいました」みたいな設定を入れ込んできたり、条件が非常に複雑になっていきます。。「忘れ物するなよ!忘れ物は諦めてそのまま駅に向かえ!!」と叫びたくなるのは私だけでしょうか。。。

 しかし、ネットでよく見かけるような、ダイヤグラムを使った解き方は出てなかったようです。これから先の応用力をつける練習の中で取り組んでいくのかもしれません。 

f:id:mkmyfc:20211002045935p:plain

ダイヤグラムイメージ



 Z会中学受験コースでは、5年生の11月号までに新しい内容を学ぶのは一通り終えて、それから先の号では応用力をつける練習をしていくカリキュラムとなっています。しかし、基礎がまだまだ抜けまくりなので、応用力の先にやらなきゃならないことがいっぱいありそう。。

 親塾の負担は増すばかり。でも6年生になるともっと大変になるんですよね、きっと。。。

「比を制するものは中学受験を制する」との言葉があるようですが、果たして比を制することはできるのでしょうか。

\更新のはげみになりますので、よろしければクリックして応援よろしくお願いいたします/ にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村