帰国生の、帰国生による、帰国生のための中学受験

我が家の中学受験へのチャレンジを通じた気づきなど書いていきます

小2海外生がケンブリッジ英検B1を目指す!ELT英会話体験レッスン

 先日、次女(小2)がELT英会話の無料体験レッスンを受けたので、そのレビューを書きたいと思います。

 

 

体験レッスンを受けたきっかけ

 海外滞在も2年が過ぎ、次女は友達とも不自由なくコミュニケーションができるようにはなっているのですが、日本に帰ってしまうとすぐに英語は忘れてしまうので、この英語力を生かして何かこちらにいる間に達成させてあげたいと思うようになりました。

 形になって残るもの、かつ日本に帰った後も色々と活用できそうなものといえば、やはり英語検定か、と思い、長女(小5)に続いて次女もケンブリッジ英検を受けてみることにしました。

(長女が受けたときの記事に、我が家がケンブリッジ英検を受けている理由を書いていますので、ご関心ありましたらご覧ください)

kikokujuken.com

 ケンブリッジ英検は4技能をバランス良く測定する試験ですので、次女は話す力はかなり持っていると思う一方で、読解や文法、語彙などはまだまだ伸ばしていく必要があると思い、会話力だけでなくバランス良く英語力を伸ばしてくれるサービスを探したところ、ELT英会話に行き着きました帰国子女の英語力を維持・伸ばすためにもピッタリだと思います。

 

ELT英会話のメリット

担任制

 専属講師が固定で毎回のレッスンを担当してくれるため、前回までの学習の進捗や、受講生の得意不得意・性格なども分かった上で授業を効果的・効率的に積み重ねていくことができます。

 先生が毎回同じなので、先生との信頼関係も構築しやすいこともメリットです。

 

ケンブリッジ英検等対応可能な講師

 講師はケンブリッジ大学などによる認定資格を持っていて、英語を教えるスキルが高いです。さらに、講師陣には、ケンブリッジ英検の問題作成を担当した経験を持つ講師も所属しており、ケンブリッジ英検の出題意図を理解した上でのレッスンを受けることもできます。

 なお、日本の英検も過去問等を使って対応できるとのことで、ケンブリッジ英検の受験目的以外でも幅広く目的に応じた対応をしてくれます。

 

オーダーメイド型カリキュラム

 今回我が家はケンブリッジ英検の受験を目的にしましたが、日本人のカウンセラーが各受講生の目標や現状を把握して、個別に最適な講師や学習内容をアドバイスしてもらえます。かつ、上記にもあるように、固定の講師によるレッスンですので、苦手部分に時間をかけるなど、個別状況に応じた指導が受けられます。

 

悩んだ点(デメリット)

オンライン英会話サービスにしては高い価格

 入会金などは不要ですが、レッスン代は例えば1回50分の月2回(隔週)で税込み14300円です。(ちなみに子供の場合は、1回のレッスンを25分にして月4回にするという選択肢もあります。)

 安価なオンライン英会話に比べると高いですが、上記のメリットを受けるためにどこまで許容できるか、という点を考慮する必要があると思います。

 例えば、会話量をとにかく増やしたい、という場合には、安価なオンライン英会話でどんどん練習をしていくほうが効率的ですが、特に子供の場合は、自分の弱みや目的をしっかり把握してもらってステップアップしていくというために、しっかりしたレッスンを受けていくことも必要ではないかと思います。

 次女の場合、これまで受けていたオンライン英会話だと、自分の話しやすいことを中心に話すことだけでレッスンが終わってしまうということもありました。

 

時間帯

 ELT英会話はロンドン拠点の英会話サービスですので、イギリスの時間帯でのレッスンとなります。我が家は対応可能ですが、日本に帰った後も続ける場合は、受講できる時間帯がネックになる可能性はあります。

 

無料体験レッスンの様子

 こうしたメリット・デメリットを考慮の上、体験レッスンを申し込みました。すると早速日本人カウンセラーの方から連絡があり、日程の確認とともに、①子供の学年、②英語の現在のレベル、③目標について質問がありました。

 体験レッスンはZOOMで行われ、カウンセリング10分、レッスン15〜20分、サービス説明10分という形で、次女と夫が参加しました。

 

カウンセリング

 指定時間にZOOMにつなぐと、まず日本人カウンセラーの方とつながりました。

 第一印象、「デキるキャリアウーマン」というオーラがひしひしと伝わってきます。

 その方から、次女のこれまでの英語学習歴や学習目標について詳細に質問があります。

 「お子様はインターナショナルスクールにどれだけ通っていますか?(ピシッ)

 「海外赴任される前には英語はどれくらい学習されていましたか?(ピシッ)

 ・・・などなど。

 ※注:(ピシッ)というのは、あまりにきちっとした方で、語尾に全部このような音が聞こえてくる感じがしたという意味で付けていますが、もちろん実際には聞こえません。

 そして、学習目標については、小2にはちょっと早いかもと思いつつ、ケンブリッジ英検のB1(日本でいうと2級程度)を帰国までに受けたい、と説明しました。

 すると、「海外滞在して2年までは、ネイティブになんとか追いつくことを目標にしますが、それから先は追い越すことが目標になるので、B1狙っていいと思います(ピシッ)!」と力強いお言葉。

 

体験レッスン

 こんな感じでカウンセリングを終え、体験レッスンに移行です。体験レッスン中はカウンセラーの方は画面から消え、講師の方と次女だけでレッスンを受けます。今回の講師はケンブリッジ英検の問題作成経験のあるベテランの女性の先生でした。

 挨拶から始まりますが、単語だけで答えないことや、How are youを相手にも聞き返すことなど、普段の友達との会話では意識しないことをフィードバックしてもらうことができます。

 次女は隙あらば自分のペースに持っていって自由会話にしようと、かぶせがちに話をしようとしていましたが、次女の戦略を上手くかわしつつ、発音やリズム、理由の説明の仕方といった内容で一通りのレッスンをしていただきました。

 レッスン中は、文章の読み方の確認にZOOMのスクリーン共有機能を使ったり、チャット機能を使ってスペリングをチェックしたりもしていました。

 内容的には次女も簡単だと言っていましたが、例えば複数形のsや三単現のsを付け忘れたり、aやtheの使い分けなど、細かな文法事項は時折間違えていて、そうした点もしっかりフィードバックいただき、単なる英会話以上のレッスンの品質だと感じました。

 

レッスン後のサービス説明

 体験レッスン後は、またカウンセラーの方が画面に戻ってこられ、レッスンの感想を共有いただきつつ、料金設定などのサービスの説明がありました。

 「細かな文法事項はネイティブや海外生活の長いお子さんにもよくあります。こうした点も検定では減点要素となってしまうので、しっかり学習していくことが必要です(ピシッ)。

 「ケンブリッジ英検に向けてバランス良く学習をしていくため、1回あたりの時間は25分よりは50分がよいと思います(ピシッ)。」

ということで、1回50分、月4回のレッスンがおすすめとのことでした。

 「少し考えてお返事します」とお伝えしたところ、

体験レッスン後1週間以内の申し込みで初月レッスン料が30%オフになりますので、ご検討くださいということ、

②翌日に体験レッスンを行った講師からのフィードバックを送りますのでご覧くださいということ

のみお話があり、強引な営業は一切ありませんでした

 

フィードバック

 翌日に届いたフィードバックは、体験レッスンでどのようなことを学習したか、どれくらいできていたのかなどが書かれていました。

 次女は、2年間インター校に通っているだけあって、発音や受け答えは自然で、学年相当以上の習熟度という評価で、ELT英会話のコースを受講することで、英国式の発音や、文法や語彙を更に伸ばしていくことができるというフィードバックをいただきました。

 

これだけの充実した体験レッスンを無料で受けられるELT英会話、おすすめです!

こちらからELT英会話の公式サイトへ移動できますのでよろしければご活用ください。