帰国生の、帰国生による、帰国生のための中学受験

我が家の中学受験へのチャレンジを通じた気づきなど書いていきます

インターナショナルスクール2年目でケンブリッジ英検B1(2級相当)に合格しました

 長女(小5)がこのたび、英検は英検でも「ケンブリッジ英検」のB1(日本の英検でいうと2級相当)に合格できましたので、ケンブリッジ英検についてご紹介したいと思います。

 

ケンブリッジ英検とは

 「英語の検定」といって何を思い浮かべますか?

 英語検定協会が実施しているいわゆる「英検」だったり、TOEICやTOEFL、IELTSといったところではないでしょうか?

 ケンブリッジ英検は、名前のごとくケンブリッジ大学の一部門のCambridge Assessment Englishが行う試験です。

 この検定は、「読む」、「聞く」、「書く」、「話す」の4つの技能を測り、「使える英語」ができるかどうかを評価する試験です。世界的には、日本で有名な英検よりも、受験者が多く、こちらの方がスタンダードといえます。

 また、CEFRという、ヨーロッパで開発された共通参照レベル(A1〜C2までの6段階)に準拠していて、CEFRレベルに合わせた試験が用意されているので、自分がどのレベルの英語力なのかということが分かりやすいです。

 さらに、ケンブリッジ英検は単に合格・不合格という判定ではなく、最上位の成績だと一つ上のレベルであると判定され、不合格の一歩手前だと、一つ下のレベルであると判定されるという、柔軟な評価方式が取られています。また、Reading、Writing、Listening、Speakingごとのスコアも表示され、自分の得意・不得意な分野も把握することができます。

 加えて、有効期限はないので、英語力の証明として長く使えますが、逆に利用する側が「過去何年以内に取っているもの」という制限を設けている場合もありますので、注意が必要です。帰国枠入試で一定レベルのスコアを提出すれば英語試験が免除となる場合も、過去3年以内のスコアに限る、などの制限がかかることがありますので、要注意です。

 

合格した試験の種類

 長女が受けたのは、B1 Preliminary for schoolsという試験です。B1というのは、日本のいわゆる英検でいうと、大体準1級〜2級に相当します。英検も準1級と2級では結構違うと思うので、その間というのがいまいちイメージしにくいですが、低めに見積もって2級程度と考えておけば安全ですよね。CEFRと各種英語検定のレベルの関係は、文部科学省の作成した比較表で確認することができます。

 

試験結果

 今回、長女はGrade B、第2集団という評価でした。もうすこしでGrade AでB2評価になったかもしれないのに、残念!

 それぞれのスコアを見てみると、ListeningとSpeakingはトップレベルの結果でしたが、ReadingとWritingについてはまだまだ伸ばしていく余地がある、という状況でした。ReadingやWritingは、日本で言う読解力や表現力・構成力のような力が求められるので、単に英語が分かるだけでは不十分なのかなという感想を持ちました。今後の学習方法に活かしていかなければ。

このタイミングで英語検定を受けた理由

中学で英語検定の活用が進む 

 最近、中学入試において、英語の外部検定の活用が進んできています。例えば、英検2級以上を持っている人用に、算数のテストだけで受験ができるといったような形式です。これは特に帰国子女枠での入試でよく見られます。また、一定レベルのスコアを持っている人は、中学入学後にネイティブ教師から英語の取り出し授業を受けられる学校もあります。

 このように、英語の外部検定で一定レベルを持っていれば、色々とメリットが出てくるのです。

 

小学生でも対応しやすい

 我が家が滞在している地域では、いわゆる英検を受けることはできません。TOEICやTOEFLなどは受けられるのですが、文章の内容的に小学生が受験するには少し高度すぎるのではないか、という感触を受けました。(もともとの用途がビジネス英語だったり、大学へ進学するためのものだったりするので、ある意味当然のことではあります。)

 TOEFL Primaryといった小学生向けのテストもあるようですが、これも開催されているところはあまりないようです。

 ケンブリッジ英検では、各レベルごとに「for schools」という、学生向けのテストが用意されています。問題で使われる文章のテーマが学校や学生生活に関連したものなので、通常の大人向けの試験に比べ、取り組みやすくなっています。今回の長女の結果から見てもその予想は合っていたと思います!

 

 長女も合格できてモチベーションが高まっているようなので、次はB2レベルを目指して、また精進していってもらおうと思います。

 後日、今回の受験に向けてどのような準備をしたか書いていこうと思います。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

\よろしければ、クリックして応援よろしくお願いいたします/ にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村