帰国生の、帰国生による、帰国生のための中学受験

我が家の中学受験へのチャレンジを通じた気づきなど書いていきます

Z会中学受験コースの小5到達度テスト(4月)の結果

 Z会の中学受験コースでは、年に2回、実力を判定するための到達度テストが行われます。出題範囲は、それまでの学習範囲で、毎回異なっています。全国の受講生の中での順位や偏差値が出されます。

 また、志望校を登録しておくことで、同じ志望校を登録している受講生の中での順位も表示されます。ただし、帰国子女枠での受験を考えている人たちの中での順位ではありませんので、帰国枠受験を考えている方にとっては、自分の順位を把握するためには別のテストなどを検討する必要があります。

 ちなみに、受講していない科目も受験することができますので、国語と算数だけしか受講しない場合でも、理科・社会も腕試しができるという、ちょっとおトクなテストとなっています(笑)

 直近(といっても少し前になりますが)の到達度テストは4月に行われ、その結果や解説が一通り手元にそろったので見てみました。

 

 

算数の結果

結果の分析

 算数の結果は偏差値43でしたorz。偏差値に一喜一憂してはいけない、と思いたい一方、数字は容赦なく心に刺さるものです(T_T)

 今回の範囲は、一人計算、線分図と面積図、論理と集合、場合の数、年齢算、平均、演習と円の面積といった分野から出ていたのですが、どの分野も平均的に間違っていたので、全面的に復習が必要そうです・・・

 到達度テスト結果は、分野ごとの正答率や、難易度を3段階に分けて、どのレベルがどの程度できているのかについても示されます。それを見てみると、標準レベルの問題は全国平均レベルで正解しているものの、応用レベルと発展レベルが壊滅的だという状況でした。唯一長女が好きだと言っている論理問題だけはちゃんと正解していました。

 (できれば、の難易度の示し方を、問題ごとに明示していただけると、復習にもっと使いやすいかなあ、と思いますが、問題を見てみるとある程度は想像がつきます。)

反省と今後の取り組み方

 これまでの取り組み方を振り返ってみると、Z会から送られてくる全ての問題を頑張って解こうとしてみた結果、どうしても時間が足りなくて、一度解いた問題をとき直してみるということがほとんどできていませんでした

 また、受験の先輩の皆さんのサイトや塾関係の方々のサイトをいくつか拝見していると、長女は特に算数があまり得意ではないこともあり、基礎固めからしっかりとやり直すことが必要だと痛感しました。

 一方、この「基礎固め」というのが、Z会の中学受験コースにおいて一体どういう状態になったら基礎が固められたと言えるのか、いまいちハッキリしていません。Z会はそもそも問題のレベルも高いので、練習問題でも普通に難しい問題も出ているような気がします。

とりあえず、まずは例題を悩まずに解けるようにできる状態を目指したいと思います・・・

 これから夏休みもありますので、できるだけこれまでに習った分野の基礎は習得できるよう、例題レベルに絞ってもう一度過去のものから総復習をしてみようかと思っています。

 

国語の結果

結果の分析

 国語の結果は偏差値で44でした。うーん、算数と大差なし、まだまだ道のりは長いです。。

 国語も算数同様にテストの分析結果を見てみると、まず漢字がかけなかったため、基本レベルが全滅😱標準レベルや応用レベルはまずます全国平均に近いものの、発展レベルはまだまだ及ばず、といった結果でした。採点された答案用紙を見てみると、記述問題が十分埋められていないのと、漢字などの知識関係の問題が壊滅的なことに加え、意外な点に気づきました。

 それは、物語文の読み取りが出来ていなかったことです。長女は文章を読むのは断然物語文の方が論説系の文章よりも好きで、論説系の本を買っておいても全然読んでくれない(涙)のですが、今回のテスト問題の出来という点では真逆の結果になっています。

反省と今後の取り組み方

 うーん、一体どういうことなのでしょうか・・・多分、もう長女は試験を受けた時にどう考えてこの答えを選んだのか、記憶にないでしょうから、どういう部分が難しかったのか、という振り返りを試験受けた後早めに行っておくことが必要かもしれません。

 または、一度一緒に問題文を読んでみて、分かりにくいところがないかなど話してみようかとも考えていますが、算数同様、国語も日々の課題をこなすので結構いっぱいいっぱいなので、なかなか振り返りをしている時間がありません。

 我が家の優先順位としては、まずは漢字です。。漢字の書き取りが全滅(T_T)なことに加え、記述問題でも漢字を間違えて減点されたりしているのは、さすがにもったいなさすぎる。。。今、朝学校に行くまでのスキマ時間に計算練習をやっているのですが、漢字も追加の必要があるかも・・・そんなこと言ったらバトルになりそうだなあ、はぁ。。

 

 でもまだまだ5年生の夏前の時期です。「二月の勝者」では、成績は努力をすると右肩上がりに徐々に伸びていくものではなく、あるときに突然急上昇するものなんだ、というグラフが紹介されています。これを信じて、頑張って巻き返そう!という意気込みでサポートをしていけたらと思っています。本人のやる気スイッチを押せると一番いいんですけどね😥

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

\よろしければ、クリックして応援よろしくお願いいたします/ にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村